FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【40】へ  【地獄の味】へ

地雷

  • 【地獄の味】へ
  • 【新年のサツアイ】へ
昔、フリーターだった頃、何もする事がなくて1ヶ月に1本漫画を描いて漫画賞へ送りつけるという行為をやっていた。

どこの雑誌の漫画賞でもよくて、俺の才能を見出してくれるならどこでもかまわないという気概で毎日家族に内緒で部屋を閉め切ってシコシコと漫画製作に取り組んでいた。

書いていたのはギャグマンがとはいえ、月に1本というのは結構なハイペースで、今考えると、仕上がりはゴミだしトーンは雑に貼り付け、背景は一瞬で手抜きだなとわかるものだった。

バクマンに出てきた編集長が編集会議で両腕を顔の前で組み「無しだな!」という姿がありありと想像できる、そんな漫画だった。

当時の俺は、ギャグ漫画はギャグが命。どんなに絵が下手でも笑えればいいんだ!と考え漫画賞へ投稿していたけど、ギャグは笑えず、絵も下手くそというどこを評価してほしいのかというような作品を出版社へ送っていたわけだ。もはやテロに近い。

そんな漫画(ゴミ)が評価されるはずもなく(逆にありじゃん?とかいう2週目の評価も皆無)月イチで紙を無駄にしていくという行為は3年程続いた。その後俺は仕事は探し今に至るというわけだ。

無責任に漫画を書き殴る日々は楽しく、書き続けるたびに増えていく作品の量に満足感もあった。
こんなに描いているんだからメキメキ漫画力があがっているはず…!

しかし次第にこう思うようになった。
こんなに描いているのに全く編集部から連絡がこない…何で…?

見込みのある漫画志望者には編集部が結果発表の1週間ほど前に連絡がいくという噂を聞いていたので、そのタイミングになるといつもドキドキワクワクしていた。そして結果はいつも空振りだった。

自己満足に描いて満ち足りてはいたけど、漫画投稿するということは他人の評価を少なからず期待しているからで、1ミリも変化しない現状に次第に焦り、不安が募り、やがてこの漫画との蜜月の日々は崩壊した。


なぜ今そんな昔の事を書いているかというと、先日7年前に某雑誌に送った漫画が返却されたからだ



え?ウソでしょ?今さら?え?え?



7年だよ?行方不明者だって7年経てば死亡扱いになるよ。何で今さら。

っていうか宅配員から電話がかかってきて「某編集部から荷物が届いてますが」っていう電話がなかったら終わってたよ?

嫌な予感がして宅配事務所まで引き取りにいったから良かったものの、これ家族が受け取ってたら終わってたからね。一目で原稿ってわかるフォルムだし、品名にモロに「原稿返却」って書かれているし。一つの命が終わるところだったよ。


返却された原稿には編集部のコメントや今さらなぜ原稿を返却するのかその理由等の文言は見当たらずそっけなく文字通り漫画のみの返却だった

7年ぶりに見返した自分の漫画はやっぱり稚拙で、速筆である代償に丁寧さとプロットを犠牲にしており、もはや骨組みのみの家。
「新築の家ですよ~」といわれても当然入居する人間はいるわけないし、一瞬でゴミ箱へ捨てた





それにしても…


DSC_0035.jpg


DSC_0034.jpg


よくこのクオリティーで3年間も投稿したものだなぁ。自分が怖い。そして悲しい

でも1番悲しいのは宅配事務所へとりに車を走らせている間(もしかして昔の投稿作が遅れて評価されたのでは…?)とか(今もネットで作品を投稿しているからそれを見て連絡をとりたいような用件が出来たのかなニヤニヤ)とか思ってしまった事だ。

このワクワク感&絶望のコンビネーションは昔毎月繰り返し受けていた攻撃だし、誰か俺の人生を変えてくれないかなぁ~。という他人に過度の期待をしてしまう性分は今も健在なのだと自覚させられた。ハァ…
関連記事
スポンサーサイト


【40】へ  【地獄の味】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事に卜ラックバックする(FC2ブログユーザー)

【40】へ  【地獄の味】へ

おもちゃ箱

Home 
Comic
Gallery
SiteMap

画像をクリックしても次ページは開きません。ページ移動は画面上下右のナビボタンで

雑想

 もくじ

キーボードの  F11  を
クリックすると全画面で
表示されます。二回押すと元に戻ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。